交通事故(富山) 弁護士相談室です。 慰謝料、損害賠償額、後遺障害等級の認定等、交通事故でお悩みの方お気軽にご相談下さい。

弁護士に依頼すると適切な金額の損害賠償が得られます

弁護士を選任することによって、賠償金額が増大する最大の理由は、損害賠償算定基準には

@自動車損害賠償責任保険基準
A任意保険基準
B裁判基準(日弁連作成の損害賠償基準)

の三つの基準があるからです。

同じ交通事故の損害賠償額であっても、後の基準ほど金額が高くなります。保険会社が提示してくる賠償金額は、通常「任意保険基準」に基づいて計算されていますが、弁護士は被害者に最も有利な「裁判基準」に基づく賠償金額の獲得を目指します。

例えば、死亡事故における慰謝料の場合、各基準によって賠償金額には下表のような大きな差が生じます。

死亡事故 自動車損害賠償
責任保険基準
任意保険基準 裁判基準
(赤い本基準)
一家の支柱
扶養家族子2人の場合
1,300万円 1,800万円 2,800万円

適切な金額の損害賠償が得られます

死亡事故の場合の参考例はこちら

後遺障害慰謝料の各基準による金額も、下表の通り大きな差が生ずる場合があります。

後遺障害別等級 自動車損害賠償
責任保険基準
任意保険基準 裁判基準
(赤い本基準)
後遺障害1級 1,100万円 1,700万円 2,800万円
後遺障害2級 958万円 1,500万円 2,370万円
後遺障害3級 829万円 1,300万円 1,990万円
後遺障害4級 712万円 1,100万円 1,670万円
後遺障害5級 599万円 900万円 1,400万円
後遺障害6級 498万円 750万円 1,180万円
後遺障害7級 409万円 600万円 1,000万円
後遺障害8級 324万円 470万円 830万円
後遺障害9級 245万円 350万円 690万円
後遺障害10級 187万円 260万円 550万円
後遺障害11級 135万円 190万円 420万円
後遺障害12級 93万円 130万円 290万円
後遺障害13級 57万円 80万円 180万円
後遺障害14級 32万円 45万円 110万円

重度後遺障害の場合の参考例はこちら

※上記金額は標準額であり、慰謝料額が常に上記の金額となるわけではありません。賠償金額は、交通事故の個別の事情によって変動します。また、任意保険基準は、保険会社によって差異があります。

※損害賠償額には、上記の三基準による差があるだけでなく、他にも多くの論点があります。弁護士は、法律の専門家として被害者の権利を擁護するために最大限の努力をします。

交通事故(富山)の弁護士相談

最新ブログ記事

 保険等級

 保険の多様化

 自転車と自賠責

 赤本・青本

 別居の未婚の子

 新本

 遅延損害金

 年金と逸失利益

 弁護士費用保険

↑ PAGE TOP