解決事例

2021/07/05解決事例

遷延性意識障害(植物人間状態・20代男性)

第724条の2
人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第一号の規定の適用については、同号中「三年間」とあるのは、「五年間」とする。


総賠償金額 2億4964万円(本人分)
600万円(近親者分)
治療費 99万円
交通費 支払済
傷害慰謝料 290万円
休業損害 252万円
付添費用 169万円
後遺障害慰謝料 2800万円
後遺障害逸失利益 7740万円
入院雑費 39万円
将来介護費 1億0322万円
自宅改造費用 125万円
介護ベッド費用 152万円
介護用具 106万円
福祉車両 605万円
弁護士費用 2260万円

近親者固有の慰謝料
父、妻、子各200万円
*1万円未満切り捨てのため、総賠償金額と合計金額に差異が出ています。

遷延性意識障害のような高度後遺障害の場合、死亡事故以上の賠償金額が認められることも多くあります。本件では、近親者が付添介護をする労力を日当として評価し、高額の介護費用が認容されました。また、自宅改造費用や病院へ通院するための福祉車両の購入費用も認められ高額の賠償額を得ることができました。

Copyright © 深水法律事務所 All Rights Reserved.